早漏は病気じゃない!体と心の疲れによって表面化

早漏は病名に聞こえますが、実際は単なる個人の体質に過ぎません。
性交開始から射精までの時間は、カップルや男性個人で大きく異なります。
また10分連続で激しいピストンが出来るから偉い、という事もありません。
早漏は病気ではなく、身体的特徴の一種ですので、自分自身がそうだと分かっても病院に駆け込む必要は無いのです。

いわゆる先天性で早漏になる男性は全体的には少なくです。
遺伝性の病気ではないため、基本的には後天的に抱える体質になります。
その原因として考えられるのが、体のと心の疲れです。
特にメンタル面に疲れが蓄積していると、逆に脳内の神経伝達が異様に高ぶります。
疲れている時ほど、セックスをしても注意散漫になりやすく、セロトニンの分泌と取り込みが乱れ、男性機能自体にはまるで問題がない若い男性でも早漏となるのです。

神経質な出来事が続いた時は、今まで普通にセックスを進めてきた経験豊富な男性も早漏になりますので、徹夜やサービス残業が多いシーズンは要注意です。
繰り返しになりますが早漏自体は病気ではないため、いわゆる手術による改善や特効薬はありません。
しかし、予防が出来るお薬はしっかりと提供されています。

まずは疲れている時の精力回復を支援するED治療薬があります。
EDと早漏は無関係ではなく、性力減衰によって早漏が発生する事例も数多いです。
セックス直前にED治療薬を服用すれば、勃起力が数時間にわたり維持され、射精までの時間に余裕が生まれます。
そして最近では海外製のPE治療薬も、国内から依頼可能となりました。
個人輸入代行サイトを通す事で、国内未提供のPE治療薬もゲット可能となり、
PEの改善に特化しているため、服用するだけで普段の倍以上、射精を我慢する事が可能です。

早漏とは性行為の際にパートナーが性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことをいいます。男性にとってもパートナーの女性にとってもとても深刻な問題ですので、ぜひ当サイトをご覧いただき早漏改善に活かしてください。